2024.01.15展示会
四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

『 信長の弟、茶人の才 』

有楽斎(うらくさい)こと織田長益は天文16年(1547)に織田信秀の子、織田信長の弟として生まれました。武将として活躍し、晩年には京都・建仁寺の塔頭「正伝院」を再興、隠棲します。正伝院内に有楽斎が建てた茶室「如庵」は国宝に指定され、現在は愛知県犬山市の有楽苑内にあり、各地に如庵の写しが造られています。正伝院は明治時代に「正伝永源院」と寺名を改め、いまに至るまで有楽斎ゆかりの貴重な文化財を伝えています。
しかし茶人・有楽斎として名高い一方、武士・長益には悲観的なイメージも伴います。天正10年(1582)に起きた本能寺の変では、二条御所に籠る長益の主君・信忠(信長の長男)が自害したにもかかわらず、長益は御所を脱出したことから、京の人々には「逃げた(男)」と揶揄されました。さらにその後、信雄(信長の次男)に仕え、徳川家康と豊臣秀吉の講和を調整するなど存在感を示したものの、信雄が改易されると今度は秀吉の御伽衆に加わります。関ヶ原の戦いでは東軍として参戦し、戦後も豊臣家に仕えましたが、大坂夏の陣の前には家康の許可を得て主君から離れました。
信長、秀吉、家康の三天下人に仕えて時流を乗り切り、晩年を京で過ごした織田有楽斎の心中には、どのような思いがあったのでしょうか。本展覧会は、2021年に400年遠忌を迎えた織田有楽斎という人物を、いま一度総合的に捉えなおそうと構成したものです。

 

【開催日時】2024年1月31日(水) ~ 3月24日(日)
      10:00~18:00(入館は17:30まで)

【休館日】  火曜日(3月19日は20時まで開館)
※金・土及び2月11日(日・祝)、22日(水)、3月19日(火)は20時まで開館

【会場】サントリー美術館
    東京ミッドタウン[六本木] ガレリア
    〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4
    TEL:03-3479-8600 


【入館料】一般:1600円 (1400円)
     大学生・高校生:1000円(800円)
     中学生以下無料
  ※()は前売り券の金額となります。
  ※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介助の方1名様のみ無料



[チケット販売場所]
サントリー美術館受付(火曜日、展示替え期間中を除く)
サントリー美術館公式オンラインチケット
ローソンチケット:Lコード 33429(前売・当日券共通)
セブンチケット:セブンコード 102-688(前売・当日券共通)
※前売期間は11月20日(月)から1月30日(火)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は12月3日(日)までの開館日に限る

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎の投稿画像01